甥っ子を甥っ子様を堪能してまいりました!!

romasen2006-07-19

「はいはい」って言うと「はいは1回でしょ」と言われ 、ちょっと都合が悪くなると「痛い!痛い!痛いの!!」とかどこも痛くないんだろうけど、そう言ってました。 やだ!とか食べない!とかのちょっとした反抗期も現れて どんどんどんどん成長しておりました。でもかわいい!!
今回の可愛いヒットネタは 私、足のツメにピンクのマニキュアをぬっていたのですが、 その足のツメを見て「ピンク!」って呼ぶんです。だから「なんですか?○○くんはいい子にしてますか?」とか足の指を動かしながらしゃべったら ツメを見て「うん、○○くんいい子」とか言って足のツメのピンクとお話ししてくれました!きゃわいいいいいいい。 その後もふと、足のツメを見ては「ピンク!」と呼んでくれまちた!
あとはリクライニングチェアに座っているとすぐやってきては 、「代わって!代わって!!!どいて!!」と席を奪います 。だから「ニッコリ可愛い笑顔見せてくれたら代わってあげる」と言っていたら、最後の方は近寄ってきてじっと顔を見て 明らかに作り笑顔のニッコリ笑顔を見せてくれるようになりました!学習!!
んで、白目を見せて恐い顔をしてくれたり、 自分の体にはもう残ってない、あの子供の素晴らしく吸い付くようなきめ細やかな肌をアメリカでは犯罪になりそうな勢いで触りまくりました! 特にお尻の感触が素晴らしく、おむつかぶれになっててかゆいというからそのかゆい所をかいてあげる振りをしてさわっておりました。まぁ、本人もかゆい所だから気持ちいいらしく、1秒たりともじっとしてないのに、この時ばかりはじっと身を任せてくれました!ああ、永遠に触っていたいような気持ちよさ…あれは何だろう…私にも確かにあったはずのあの皮膚…いったいどこへ行ってしまったんだろうか…いやーーーーーー1位お尻、2位背中、3位太ももでございました。
正月、階段で遊んだことを覚えてて「階段に行こ!」と何度も誘ってくれました。 あとは実家の家の周りは田んぼなので2人でヤッホーーーとかキャーーーーーとか大声で叫んだりしてました!
あとは記憶力が本当にすごいよねー貢ぎ物に絵本を持っていったのですが、その中に持ってるのが1冊、保育園で呼んでもらってるであろうのが1冊ありました。ほしたら字なんてもうすぐ3歳児が読めるはずないのに、スラスラスラスラページをめくりながら朗読してるの…。すげーーよねーーー絵で丸暗記してんだよ、いったい何十回読んでもらってるんだろうか…ご苦労様です。
実家はド田舎ですので、夜なんてすっげーーーー涼しいの!クーラーしらず!窓開けてたら朝方寒いくらいくらい!!素晴らしい素晴らしい。ますます田舎に住んでもいいぜ!と思うようになりました。そして相変わらずブロイラーのように食べ物を摂取しました…が、あのパンパンの冷蔵庫は親の愛ですね!!でも、もう若いころの様に食べれません…悲しいですね…かわいいかわいい次の世代がどんどんやってきて、私たちはバトンタッチです!もう若くない!でも、若作りして娘と同じような格好のおばさんだけにはなりたくないから年相応にね!ナチュラル★