かわいい繋がりで

昨日愛知県美術館ロートレック展 関連イベントとして、アーティスト・トーク「最初の100年−100年生きる生活とデザイン−」へ皆川明さんのお話を会社女子と聞いてきたよ!まーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー皆川さんのまとってる時間とか空気とかに触れられて自分でもビックリするくらいうっとりした。今、いろいろ検索してみたけど、今回と語る内容が変わらないって素敵!経営者だからそりゃねーいろいろ暗い所もご存知であろうけど、そんなのこれっぽちも出さず、批判するわけでなくそれはそれで、ボクはボクで、それでも自分のなかのキラキラした美しく愛らしい物をきちんと出していく姿勢にグッとくるねぇ。あたしなんてすぐ澱んだそっち方面ばっかり気が行っちゃってニヤニヤしちゃって本筋にもどれなかったりしちゃうからねーえへへへへ。トークショーの後握手してくれたりサインしてくれたり一緒に写真撮ってくれたりしてくれてドキドキした。「実るほど頭をたれる稲穂かな」ってかんじでした。いやーーー日本の光明な人だねぇ〜。