科学館は

まるっきり昭和で、あまりに変化のなさにウットリした。人も程々でいい塩梅。ぼんやりしてたら小学生の自分が向こうからやってきそうな雰囲気でした。
で、プラネタリウムは解説のおじさんの声がラジオ深夜便みたいでさーそりゃ寝るわな!と後半ぐっすり。うふふうふふ。3歳くらいの男子が入り口に入った瞬間「3階行く!」と叫んでいて、3階は鉄道コーナーでございました。歩くのもおぼつかないおむつ男子も列車の模型に夢中でさーすごいねぇ〜鉄道の威力!