夢の国 『いってらっしゃい!』

あら、もう12月〜〜〜 私先週母と伯母の3人で10年以上ぶりにデ/ィズニーラ/ンドへ行ってまいりました〜。母と伯母は初で、まぁ〜〜〜一ミリの隙もなくクリスマスそして25周年であふれておりました。
いやーなんつーの、楽しませるときは本気で隙なく、がしかし、そうじゃない所は鬼のように厳しく!決してなぁなぁじゃない所に男気を感じました。怖い…でも完璧に夢を見させて楽しませてくれるあなたに守られたい…でもいろんなところに厳しくて怒るととっても怖いあなた…。そんなかんじ?
クリスマスの飾り付けもすげかったし、お土産のお菓子のパッケージだって25周年って書いてあってクリスマスって印刷してあるからさー。あれってもう12月終わったら売れないじゃん?売り切るって事なさそうだし、あれはどうなるのだろうか。また中身は入れ替えるのかなぁ。と大きな力の中遊んでまいりましたよ。
ジョニーディップの人形が本物みたいだったよ、カリブの海賊のやつ。目が動くとより本物に感じるね。あと何も知らせずオカンにビックサンダーマウンテン乗せたら1秒も目を開けていなかったらしく、相当怖かったようで、次のスプラッシュマウンテンは辞退しておりました。のくせに、散々並んで入ったぷーさんのやつはなんかお気に召さなかったらしい…。彼女達が一番喜んでたのはパレードとショーでした。昼間のパレードは適当な場所で見てたんだけど、いたく感動したらしく、エレクトリカルパレードは1時間前からちょっと高くなった所に座って待っておりました。
あと、ショーね、子供達がきびきび踊るんだけど、学校終わってから来るのかな?とかさ〜邪念にあふれておりました…もうわたしったら…。素直に楽しめる心を何処に忘れてきたのかしら…
とかなんとか言いながら、みんながフワフワのキャラ帽子や、カチューシャ耳をしているのを見て無駄に物欲が高まり、かといって、たった1日のためにもういらなくなる物ってわかってるから、大きなのはいやだし…と思ってたら小さなパッチンどめで着けるのがあったので、おしゃれキャット?ステッチ?いやミッキーのなんか帽子みたいなの?なんてきゃいきゃい着けながら、シンプルにミニーちゃんのにしてみたりしてね。プーさんの耳もあってさ、あれちょっとよくわからないよね。アリスのシマシマの猫のしっぽもあったよ。あと、夜は夜でさ〜またキラキラ光るアイテムが売り出すじゃない?私あーゆうキラッキラ光るものに弱いから、もーーーーー取り憑かれたようにバッチやステッキ?やなんやにアワワアワワワとなってしまいましたが、私の中の大人の男性部分が「やめときな」と冷静に語りかけてくれたので、キラキラアイテムは買わずにすみました。えら〜い。でも売ってる小物類が何もかもそんなに高くないのが怖いね。高いなぁ〜と感じたのはクッキーなどのお菓子……あ…そうか…土産で買わずにはおれないから安い設定にしてないのか…?さらに…怖いね…
ホーンデットマンションがナイトメアだったり、厳しいナイトに連れられたシンデレラや白雪姫にも会えたよ。指の動きとか物腰がすっごいね!ナイトさんが「もうシンデレラは次のショーのために帰りまーす」とかなんとか叫んでたら、シンデレラさんが「あら!まぁ!大変!!ごめんなさいね」ってジェスチャーで表現しててみいってしまいました。
結局朝から花火まで夢の国を満喫しましたよ。あ、花火はちゃんと音楽に合ってたのに驚いた。すげーなーディズニー!
ホテル出たときは雨ザーザーだったのに、東京駅で平日だったので通勤客にまぎれながらパンを頬張ってランドについたらいきなり晴れたのがミラクルでした。シンデレラ城の向こうに太陽が光っていたよ!その日来ていて晴れ女晴れ男さんありがとう。
そうそう、ランドの人 キャストさんというのか?に質問したりすると語尾に全て「いってらっしゃい!」とかって言われて「あはは…ありがとうございました い、いってきますぅ〜」ってなっちゃって照れた。