ごめん日本!

昨日あんなにフランスにキャーキャー騒いでた舌の根の乾かぬうちになんですが、昨日は戦前の日本の美しさにやられてしまった!!!!
岡崎市美術博物館で開催してる「あら、尖端的ね。 ―大正末・昭和初期の都市文化と商業美術―」に行ってまいりました


関東大震災でぼろぼろになった東京に登場した「バラック装飾社」というグループの震災バラックを装飾する事から始まって、デパートなどの都市での商業美術がてんこもりでした。いやーーーーーいちいちグググーーーーーと見てて目が楽しかったし美しかった。また行きたい。こんなのが並べられておりましたよ


これはこの展覧会のポスターにも使われてました



版画でこれ!色もいい!



こんなマッチ集めたくなるねぇ



今和次郎先生!見入るねぇ!



これは武井さんだね!


とサイトから拝借。
美輪さんがよ〜〜〜〜〜〜〜っく言ってるように、あれだ、戦争が悪いんだね… あれのせいで昔からぐつぐつ煮詰めてた美しさがどこかへ行ってしまったのね……

でもーあんなに焼かれてぼろぼろになっても、これだけの紙の資料が残っているなんて!素晴らしい事だわ!!と鼻息も荒くなったのでした。

あとは


資生堂…素晴らしい!



マッチ箱デザイン一覧



包装紙ですってよ〜



パステル木版



乙女!



見入るよね



うっとり



これが一番好きだったかも



これも見入る!


もう異様に細かくスケッチしまくってる今先生のこんな素敵なサイトもあるのね『今和次郎コレクション』記録としてのスケッチが楽し過ぎる!
あと、着物の図案とか、素敵浴衣の反物とかも並んでいたので、着物好き女子にもオススメです。街行く女性のスナップ写真とかもあったしさ!奇をてらってないのにあんなにおしゃれなんて!並べられた本?の中に宇野千代さんの文章もあって、おしゃれについての文章が今読んでもそうだな、と思う事でかわいらしかった。あれ、もう一度読みたい。なにかの本に入っているのかな?


3月29日までやってるから、もう一度行きたいなー。お近くと言わず、遠方の方も旅行感覚で岡崎にいらしたらどうかしら?ものすっごいオススメですわよ。

あ、図録は展示されてないのも載ってるから、是非手に入れる事をお勧めします!