上方へ

そしてその後は大阪へ。友達が博多で食べておいしかったっていう水炊きを食べにいく。まーーーーーコラーゲンまみれのトロットロプルップルの上品鍋にニヤニヤしました。スープがとにかくおいしかったです!白菜の代わりのキャベツがおいしかったです。


そしてその後は、前回の大阪旅の時に移転した店にたどり着けなかった店へ、今回はちゃんと地図を確認して行きました。でも、なんだか店の商品の雰囲気が変ってて、あまり欲しいなーと思う物がなかったのですが、レジの下に並べられてたガラスのペンダントヘットにやられて一気にハイテンション!次から次へと出してもらって散々悩んで買っちまいました!きゃーかわいー!!。やっぱりこの店のガラスアイテムが好きみたいです。


次はネットでリンクリンクで見つけた古着屋へ。もーねー趣味がドンピシャでしかもサイズが大きめのが揃ってて、こんなに次から次へと試着しまくっても平気なに嬉しくて、盛り上がってしまう気持ちを抑えるのに大変でした。うふふふふ。取り扱ってる作家さんも好みの方ばっかりで、もー季節ごとこの店で揃えてしまいたいと思いました。必ずまた行く!


この2店でいつもならダンナちゃんは店内でも手持ち無沙汰だったり、先に外に出て待ってるかするのに、テンポよく買物してたり、店員さんと喋ってらして、珍しく服屋で楽しそうにしてたのが嬉しかったな〜〜。


最後はこの旅の本題、エレカシの新春ライブでございますよ。席が1階の後ろの方でしたが、厚生年金会館はとても見やすかったです。最近のエレカシさんは絆や希望が溢れ、目出たい感じでした。声が素晴らしく、全体的に新しい感じのセットリストの中、ラストのラストの「待つ男」の迫力に歌い終わったら宮本さん死んでしまうのでは?と思うくらいのド迫力でした。いやー疲れたとか言ってかんね。あと、ユーミンのカバーの「翳りゆく部屋」も素晴らしかったです。
旦那ちゃんの趣味でエレカシのライブ行ったり、曲聞いたりしてたりしてますが、すっかりほとんどの曲が歌えるようになってた自分に驚きました…。ああ、こんな感じでダイエットできたらいいのに…ね…