主に西へ

この秋と初冬は近畿へ行ってまいりました。


影にひかれた



会社の人に教えてもらってなんか山奥の寺に行った。ザ!秋!


そして次の日は雨だったので予定を変更して急遽海遊館
グルグルグル回ってるのが多いけど、輪から外れてたむろってる魚もちゃんといたわ。海の中も人間と同じような配分ねぇ


ジンベイザメもエイもマンボウもわーーわーーってなったけど、やはり夢中になるのはみんな大好きくらげでしょーーー




はぁ、うっとり。なんて素敵なモデルさん!


で、数日後、どーーーーしても見たかった上村松園。平日なのにやっぱりすごーーーーーーい人!で!ま、しょうがない。人がモリモリなのをいいことにウロウロして好きにみてみました。何故か描いた年齢も表示してあってさ、まーーー10代からきちーーーーーっと描いてらっしゃるのね。若い頃はやっぱりちょっと盛ってあって、で40歳くらいになると女のデロリとした部分なんか出てきて、それを越えたらスッキリサッパリとより丁寧で上品になっていく流れにうっとりしました。女優人生の見本ようだわ。


女性として華やかな部分と



明るい光の裏の部分 こっちの方が覗きたくなるよねぇ〜



で、隣の図書館の照明とか雰囲気がすっごく美しかったのでこっそり。いい明るさ具合!素晴らしい!


こちらの旅は一人でしたので、次に向かうは京都国際マンガミュージアムやなせたかし展!!

わたくし、中学1年と2年の頃、担任の先生が国語の先生で、彼女が用意した学級文庫の中には詩とメルヘンのバックナンバーが並びまくっていて、読みあさっておりました。なので、やなせさんのセンチメンタルな世界が思春期の脳に組み込まれておったのです。

数冊バックナンバーがあって読めたのですが、大変懐かしかったです。自分では買わなかったけど、何かしら影響は受けておったと思います。


で、ココは溢れんばかりの漫画!しかも懐かしい漫画がもりもりーーーーーー!何から読もうかしらと気ばっかり焦ってしまい、純情クレージーフルーツとかクリスタルドラゴンとかなかよしりぼんの目についた漫画の最終巻ばかりを読みあさり、持ってない山岸凉子に集中し、京都まで来て私何してるのかしら?いい年の大人が!って思う反面、でもすっげーーーーー楽しい!と脳内でキャイキャイしました。ここ、建物も素敵だしね。


春は芝生とかに寝転がって漫画読めたりできるんですって!すーーてーーきーーー。友達と来ても、到着したら「じゃ、5時間後に」なんてバラバラになって好き勝手に過ごしたいな。


1階には異国語に訳された漫画も並んでいたので、異国の方々が読みふけっておりました。お店は男子漫画アイテムが多かったので、もっと女子漫画アイテムが増えるといいのに…てぬぐいだとかハンカチだとかレターセットとかの布もの紙ものが!!!買いあさるのにな!


そうしてバスで帰ったのですが、帰りの高速バスが、まーーーー運転が荒い荒い!席が1番前だったので、車間距離が短いとか車線変更しまくるとか見えまくって寝るに寝れなかったので、途中席変りましたよ。そんな運転で定刻に到着する…ムリなスケジュールじゃないのか?あと30分くらい遅くなってもいいから、安全な運転でおねがいしたいもんだと思いました。行きのバスはそんなふうじゃなかったのにな、怖かったわ〜〜〜。ない袖は振れんけど、でも安い安いで飛びつくのも考えものね、ってますます思いました。だって、バス新幹線の半額!だもの!時間は倍かかるけどね。


そんな感じでもう12月!寒いけど体温めて楽しみましょ〜〜〜〜うね!