古典だから古典で?

ブラックスワン」見に行ったの。まーーーナタリーさんはビックリするくらいガリガリで!それがどこかちょっと気が弱そうな雰囲気にマッチしておりましたがーーーーーーーーーー、私はどーーーーーーもねぇ〜とツイッタでもブツブツ言いましたが…見てない人の為にもたたみます

私の中のにわかフェミニズムが騒ぎだすというか、白鳥の湖自体そーゆうストーリーだから、あの終わり方なんだろうけど、それじゃぁねぇ、うかばれないんじゃないかしら?って思ったりしたよ。どうせならストーリー通り、王子も死ねよ!って思った。


んで、やっぱりトップの世界は華やかな分、厳しいよね?しかも、全て彼女の妄想なんだけど?みたいな進め方だったし、何から何まで表現方法がクラシックで、それはやっぱり白鳥の湖というクラシックな話しとショービジネス的に女が大きく成長するには?なクラシックさとかけてあるのかな?そーゆうことなのかな?なんて悶々しちまってさーー。終わった後ガンガン喋ってしまったので、それはそれで感情を動かしたから映画としてはアリなんだけど、気持ち的にあんまりだわ〜〜〜。同じ女子の成長物語なら前見た「ローラーガールズ・ダイアリー」の方がぜんぜんいいわ!!


浅田真央たんの時でもそうだけど、恋しろだの、男を作れだの、ほんと、余計なお世話だし、恋しないと深みが出ないとか言うのって気持ち悪い。じゃあなにさ、実際に経験しないと何もできないのか?となんか、妙に私、引っ掛かるんだけど なんなんだろうか私。


だってさーー人の経験なんてそれぞれだしさ、それがたとえ男女の事でもAさんが経験したものとBさんが経験した物って同じ恋愛だけれど、内容は全然違うわけじゃん?それを大雑把にまとめてしまって、ただ経験しろって言うのが本当にいやだ。あと、女の敵は女みたいなところとか、母と娘の関係とかさ、とミソジニーな所が目についてしまって、衣装の美しさとかバレエの美しさとかあまり見れなかった。でも、色んな人の感想が聞きたいな〜〜。今ざくーーーって見てみたけど おお!って思った感想は見つけられなかった…。


でも、こんなダーークな映画のなか、ナタリーが婚約して妊娠したつーのがちょっと救いだった。